SOHOのデスクワークのサポーター! “ Style ”

イトーヨーカドーの売り場を歩いていたら、健康特集というコーナーがあり、その中で、Body Make Seat “ Style ” という商品がデモ展示をされていました。以前から、とても気になっていた商品です。

事務所で制作業務に集中する時は、かなり長時間のデスクワークになることもあり、原稿を書いたり、作業をしたり、パソコンに向かったりで、椅子に座っている時間がとても長くなります。そのため、椅子は、仕事を進めていく上で とても重要なアイテムなんですが、なかなか、しっくりとフィットする椅子に出会うことは難しいものです。

現在使用している椅子もだいぶ長いこと使っていますが、必ずしも満足できてはおらず、座面や背もたれの部分にクッションを当てがったりと色々な工夫をしていますが、物足りないところがあります。ある意味妥協をしているのですが、やはり、腰とか肩への負担は大きく、何とかならないものかとは常々考えています。

そんな時に、ネットなどで時折見かける このBody Make Seat “Style”については、興味を持っていました。しかし、実際に体感してみないと、良いのか悪いのかの判断がつかない商品なので、興味だけで とどまっていました。

*

たまたま、イトーヨーカドーで買い物をしていたら、デモを見掛けて、試しに座ってみました。スタンダードなタイプの他に、Butterfly(バタフライ)・Premium(プレミアム)・Athlete(アスリート)のタイプがあります。それぞれのタイプに、何度か座ってみましたが、座り心地は、その種類によってだいぶ差があり、ちょっと試しただけでは、どれが良いのか分かりません。

 

  • スタンダードなタイプは、固めの座り心地ですが、背面の両サイドの部分が、バケットシート感覚で骨盤をしっかりとサポートしてくれている感じがあります。ちょうど、肋骨の一番下の部分に、そのバケットシートの上部が当たる感じもあり、これが効いているのかなと感じます。しかし、かなり当たっている感覚が強いので、長時間座っている場合に、痛くならないのかな? と気になります。
  •  

  • Premium(プレミアム)は、特性の異なる2種類のウレタンによる2重構造になっているので、そのクッション性は優れていて、長時間座っている場合には適しているのかなと感じます。しかし、上記のスタンダードなタイプに比べると、それ程のホールド感はなく、骨盤をしっかりと支えてくれているという感覚は少なくなります。
  •  

  • Athlete(アスリート)は、固さ的には、スタンダードなタイプとPremium(プレミアム)の間といったところですが、特徴としては、背骨側の下部や尾てい骨の辺りまでがフィットしている感覚があります。アスリート感を意識してか、デザイン的にはインパクトがあるので、オフィスには、ちょっと合わないのかなと思います。

 

Style-Athlete※Athlete(アスリート)のリーフレットのページ

 

  • Butterfly(バタフライ)に関しては、背面部の丈が短いので、骨盤をしっかりと支えてくれているという感覚はありませんが、座った時に自然と骨盤が水平に保たれており、安定するという感覚はあります。

*

上記4タイプの価格帯には差がありますので、どれを選ぶかは とても迷うところです。実際に、どのタイプにしても、効果がある(腰や肩への負担軽減・疲れにくく仕事の効率が上がる)のであれば、コストパフォーマンスということで、価格的にも高いとは感じません。しかし、長い時間作業をしてみないと何とも言えない部分があるので、どのタイプが自分の身体や環境に合っているのか、とても迷うところです。

椅子と一緒なんですよね。ある程度の時間、座ってみないと判らない。買って、実際に使用してから、自分に合う合わないが判る。でも返品や交換ができにくい‥、といったことになる。試用サービスとか、モニターサービスみたいなものがあって、色々と試してみてから、自分に合ったものを選べるということができると嬉しいですね。

もう少し、検討をしてみたいと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*