仕事とクラウドとモバイル環境。それを支えるバッテリー。

出先での仕事が多いので、モバイル環境とデスクトップ環境の連携は、仕事を効果的且つ効率的に進めていく上でも、重要な課題です。iPhone4Sを使い始めて、やはり仕事の進め方はちょっと変わっていきそうです。


その課題に対応するための自分なりのフォーメーション(環境)を、iPhone4Sを基点に整理してみました。

細かいことは まだ置いといて、概念は次のようなイメージかなと思っています。サッカーのフォーメーションのイメージに重ね合わせて描いてみました。クラウドというフィールド上にて展開をしていく形になります。

 

フォーメーション

 

FW(フォワード): Gmail
クライアントとのコミュニケーションやマネジメント。そして、日々の情報収集などは、今までもGmailを軸にして、Googleの各種クラウドサービス(カレンダー・ToDoリスト・リーダー・アラート…etc)を活用している。これからも不動の布陣だ。

MF(ミッドフィルダー): iPhone4S
機動力と多彩なアプリを強みとするiPhone4Sが、攻守の要として加わる。まだまだ、そのポテンシャルは計り知れない。

DF(ディフェンダー): Evernote
鉄壁の守りは、Evernoteにおまかせ。とりあえず何でもここに入れておく。必要な時に、前線にパスを出す。時には、サイドからの攻撃参加も魅力です。

GK(ゴールキーパー): Dropbox
信頼のバックアップと、いざという時に工夫次第で様々な活用法がありそうだ。

みたいな感じ…です。

こんなイメージを基本に、自分なりにより効果的且つ効率的なやり方を色々と試していきたいと思っています。

iPhone4Sを基点とすると、攻撃のバリエーションは格段に拡がります。作戦は監督である自分次第。どんな試合をするか(自分の仕事の進め方)をよくシミュレーションすることがポイントです。それにあったやり方を、選べばいい。

そんな中で、とりあえず使えるなと思ったのが、iPhone4Sに最初からインストールされているメモアプリ。

ちょっとしたその日のメモ書きやアイデアをGmailの自分宛に自動同期(仕組み的に同期という言葉が適当なのかどうかわかりませんが…)してくれる。写真などの添付は無理みたいだけど、ちょっとしたメモのストックには、なかなか便利。その日のうちであればメモアプリで、後から加筆したり修正したりしても自動で同期してくれる。Gmailの中にラベルを作って放り込んでおく。そのラベルに移動すると、メモアプリからは基本的に削除されるみたいです。

削除されない時も合ったり、重なってメモが残ったり…、とちょっと不安定なところもあるような気もしますが、使い勝手には問題ありません。iCloudの方では、まだ覗いてないのでどうなっているのかわかりません。

いずれにしても、上のフォーメーションの最前列のiPhone4S→Gmailへのパス出しとしては、スピード感とシンプル感から適任です。

このチームのテーマは、この2つのキーワードになってくると思います。このテーマのもとに、色々な戦術を考えていきたいです。

あと今のところ、iCloudは、どう絡めたらいいのかがまだ解らないので、出番待ちでウォーミングアップをしているスーパーサブといったところですかね。

*

このフォーメーションは、ソフト的な括りになりますが、それらを支えてくれるのは、ハード面になります。その辺りの話を少し。

モバイル環境において、今使っているノートパソコン。
ちょうどWindows Vistaが登場した時に買ったものです。3年ちょっと位前になると思います。使い始めてすぐに何となくWindows Vistaの違和感はあったし、周りからもそんな声をよく耳にしました。その問題点も色々と指摘されるようになり、ストレスを感じながらも使ってきました。

ほどなく、Windows7が発売されて、その評判を耳にすると、地団駄を踏む気持でした。たぶんWindows Vistaを買った人たちは、みんな同じ気持ちだったと思います。

しかし、まだまだ大事に長く使っていきたいので…と考えて、思い切ってWindows7にアップグレードしました。まぁ、とりあえず使ってみないと何とも言えないですが、ある意味必要がなかったかもしれない投資をした形になるので、それなりのパフォーマンスを感じたいと思っています。

*

最後に、バッテリーの話。

最近、仕事の移動中などに、各種交通機関の設置されている電源をよく使います。パソコン・スマホなど、ガンガン出先でも使用する機器の充電が移動中に出来るので、とてもありがたい。

しかし、この電圧変動という言葉がいつも気になります。注意書きとして書かれていますが、実際使用中にそうなった時に、どんな影響が機器にあるんだろうか?機器本体への影響ももちろん気になりますが、バッテリーの寿命に対する影響も気になるところです。

 

電源※この注意書きが気になります。in 新幹線。

 

リチウムイオン電池は、色んなリスクが取り沙汰されているし、劣化しやすくデリケート。故障して、オプションで別途バッテリーを購入なんてことになったらたまらない。

モバイル環境にとって、バッテリーの問題は生命線なので、詳しいところを知りたい。

近い将来的には、バッテリーもワイヤレスで充電出来るようになるなんて、話も聞きました。いやバッテリーということではなくて、電源そのものがワイヤレスで供給されて、モバイルツールが動作するということだった…、かもしれません。正確な技術の内容は分かりませんが、そんな形になれば、モバイル環境のウィークポイントも強化されるわけです。

いずれにしてもITとエレクトロニクスの技術の進化は、すごいと思う。まぁ、人間が頭でイメージ出来ることは、必ず技術的に具現化出来ると言うけど、まさにそんな感じです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*