ジェリーボール(植物栽培用高分子給水球)で、カラフルに。

事務所のインテリアの演出にもなる面白アイテムを見つけました。JELLY BALL – ジェリーボール(植物栽培用高分子給水球)という商品です。最初は、直径1mm位のビーズ状の細かい粒です。


これを大きめの器(バケツや洗面器等)に入れて、水をたっぷりと注ぎ、一晩置くだけ。徐々に水を吸収して大きくなり、約3時間がひとつの目安。一晩、水に浸けたままにしておくのがベスト。直径約1センチの透明なジェリーボールが出来上がります。

 

ジェリーボール※最初はこんなに小ちゃい粒が、水に浸けるとプクーッと膨らんでいくのが面白い。

 

ジェリーボール5グラムに対して、約2リットルの水を注ぎます。出来上がると、750ml相当になります。出来上がったジェリーボールを透明な器に適量入れて(水は入れない)、オアシス苗、または土を洗い流した観葉植物を差し込みます。

 

ジェリーボール2※膨らむとプニョプニョしていて、これまた面白い。見た目は、ガラス玉みたいでキラキラ鮮やか。

 

2週間前後、水なしでオーケー。ジェリーボールは、水をたくさん含んでいるだけでなく、粒と粒の間に根の生育に必要な空気も取り込むので、植物の水栽培には最適なんだそうです。また、清潔で、ニオイや虫の発生などもないので、食卓の上などに置いても楽しめます。今回のは、チェリーブロッサムという彩りの種類ですが、その他にも彩りの違うものが何種類かありました。

*

事務所に、観葉植物なども置いておきたいんですが、どうも水をやり忘れたり、替え忘れたりで…、ちょっとした手間さえちゃんとやることが出来ずに、枯らしてしまったりということも間々あります。

その点、このジェリーボールは、2週間前後、水の補給などは気にしなくていいし、植物の生育にも適しているし、清潔感もあり、見た目もインテリアとして映えるし…で、とてもいいなと思います。

置く場所を選ばないので、事務所ばかりでなく、家の各所に置いたら、アクセントになりますね。

ちなみに、お手入れ方法は…。ジェリーボールが含んだ水を植物が吸収して、ジェリーボールが少しずつ小さくなります。そうしたら、器の1/3ほど水を足すと元の大きさに戻ります。器やジェリーボールが汚れてきたら植物を一旦取り外し、ザルのような物にジェリーボールを移して、ジェリーボールをよく水ですすぎます。器を洗って、ジェリーボールを器に戻し、植物を差し込めば、再び清潔に楽しめます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*