その仕事を楽しくできるかは、スケジューリングで決まる。

iPhone 4s × Gmail × Evernote ! 遅ればせながら?のiPhoneデビューでクラウドが楽しくなりそうです。やっとこさ、私も iPhoneを手にしました。仕事の進め方も、少し変わりそうです。


モバイル・ツールとしては、ケータイ × Zaurus(SHARP)で長いことやってきました。Zaurusをずーっと愛用してましたし、ケータイも使ってる機種のテキスト入力のキー感覚が好きで、なかなかチェンジできませんでした。

 

※Macユーザーなんで、横目でiPhoneのことを気にしつつも…。
iPhone 4s※驚くほど、超コンパクト&シンプルなパッケージ!

 

しかし、クラウドを満喫していくには、さすがに物足りなさを感じてきました。私なりに工夫をしてやってましたが…。Zaurusのサポートも終了してしまってだいぶ経つし、そろそろかな…と。感じる時がその時ということで、ここで思い切って踏み切ることに。

*

iPhoneを手にして使ってみたファースト・インプレッション。Zaurusをずーっと使ってるのでタッチ操作はだいぶ前から体感してますが、このiPhoneのタップという操作性の新感覚・気持ちの良さはやはり感動ものです。しかし、テキスト入力という点では、慣れないのでやはり違和感があります。(予想通り)ボリュームのあるテキスト入力の時は、Zaursがまだまだ活躍しそうです。

あと、何かすぐに落っことしやすそうだなぁ、壊れやすそうだなぁ…というやーな感じ。(この前デジカメを落として壊してしまったばかりなので…)気をつけないと、やりかねない。タフなケースを探す必要がありそうです。Zaurusは、結構タフなつくりでした。一度も不具合みたいなものはなく、使い倒してきました。そんなんなんで、どうしてもZaurusのことも名残惜しくてしょーがない。まぁ、iPhoneを もう少し使い込んでみて、その良さを もっと実感できたら、気持ちも切り替えられるかもしれません。

とりあえず、iPhone 4s × Gmail × Evernote を思いっきり楽しみながら、クラウドを駆使して、仕事を最大効率的に進めていきたいです(あとiCloudも意識しつつ…)。色々な人の参考になるやり方を取り入れながら、私なりにフィットするやり方が見つけられればいいなと思います。

*

仕事を進めていく上で重要な、スケージューリングとタスクの管理もやりやすくなりそうです。これらと、お気に入りの手帳を上手く連携させて使うことができれば心強いです。

仕事を進めていく上で、プロジェクトの全体的な進行管理と、その項目毎のタスクをしっかりとチェックしていかないと、なかなかスムーズにはいきません。でも、それがしっかりと出来ていると、イレギュラーにも柔軟に対応出来るし、全体がぶれるリスクも少なくなります。

ポイントは、プロジェクトの全体的な進行管理については、キックオフからゴールまでの流れを俯瞰的に見ていくこと。そして、項目毎のタスクに関しては、期限付きで確実に処理をしていくこと…、だと思います。

プロジェクトの全体的な流れを俯瞰的に見るには、やはり手帳が最も適しています。プロジェクトには、短期的なものから半年~一年以上に及ぶものなどもあります。全体~月度~週~日の流れを一連でチェックしていくには、手書きの手帳がベストだと思います。

クラウドのカレンダーなどは、目の前の事象を見ていくには適していますが、俯瞰的に全体を見渡すには適していないように私は感じています。

ちなみに私は、高橋書店の『リングダイアリースリム(レフト)/黒(No.91)』という手帳を去年から使っています。A5変形版(210×118mm)で、見開き一週間の予定表が基本となっており、その見開きが360°開くリング式なので使い易いです。リング部分の開閉構造がシンプルでスリムだけど工夫されており、とても機能性が高いです。メモやアイデアを書くスペースも十二分にあります。

私の仕事の進め方にも合っているし、出掛ける時に必ず持ち歩くサイドバッグにもピッタリ&スッキリと収まり、機能的にもサイズ的にも気に入っています。継続的にこの手帳を使っていけば、そのままファイリングとして保管して、後から引っ張りだしての確認もしやすいので、これはいいな!と思っています。

早速この間、2012年版に新調して気分も一新です。

 

スケジュールマネジメント

※PILOTのDr.GRIPの4色(赤・青・緑・黒)+ シャープペンも大活躍!

 

一方で、期限付きのタスクに確実に対応していくのには、クラウドのカレンダーやToDoリストが適していると思います。

私は、GoogleカレンダーとToDoリストを活用しています。これでもれなく一つ一つのタスクを処理していくことが出来ます。Gmailと連携させて、自分なりに使い易いように色々と工夫をしていきます。

そして、もう一つ活用しているのが、無印良品の短冊型のチェックリスト。サイズが82×185mmで簡単に切り離せるタイプなので、上の手帳とも相性抜群です。

プロジェクト毎に、全体的な流れの中の大~中分類の項目をピックアップして、時系列にその内容を書き出してチェックしています。手帳とクラウドの間に位置する感じです。

iPhone4Sが加わって、2012年は、上の写真のような顔ぶれで仕事の進行管理をしていきます。仕事をもっともっと楽しくするために…。

*

あと余談ですが、iPhoneみたいなイノベーションが、SHARPのZaurusから生まれなかったのが、とても残念だなとずーっと思っています。Zaurusを愛用していたものとしての率直な気持ちです。

 

(高橋書店ホームページ/参照・引用)

参照記事
◇ 高橋書店|ホームページ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*